田舎料理がほっとする

こしじ

新潟出身の昔(?)美人の姉妹がやっている「こしじ」へ


下町情緒に溢れた「亀戸中央通り商店街」
昔ながらの、八百屋や魚屋、総菜屋などが軒を連ねる

「こしじ」は5、 600mは続く結構長い商店街の、外れの方にある

中央通り


近くには、魚料理の「すーさんの台所」や隠れ家的な「きち弥」、イタリアンの「ケ・カリーノ」があったりして、私にとっては夕食グルメ通りだ(笑)




ママの手作り大皿料理がカウンターに並んでいる

昼頃から作っているらしい

店の裏にはちょっとした畑があって、収穫したばかりの新鮮な野菜たちも出てくる


フリージア
フリージア

春を感じる、甘い香りが漂う




空豆 
空豆

なぜか、空豆や枝豆ってビールに合うね




フキとしめじ
フキとシメジ




かぶと生揚げ
かぶに

これぞ、お袋の味

まさに、昔お袋がよく作ってくれたナ




アコウダイの粕漬け
アコウダイ粕漬け




最後は、妹さん自慢の手作り餃子
餃子


薄皮で、野菜たっぷり~
見た目あんまりだけど、 美味いんだ




田舎料理はほっとするネ






※ ご訪問、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリック↓ポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへにほんブログ村

人気ブログランキングへB級グルメ



0 Comments

Post a comment